スポンサーリンク
CVT driving system

15分で終わる原付スクーターのギヤオイル交換方法

製造メーカーや車種によって扱いや交換時期が異なるギヤオイル、メンテナンスを自分でやる人も忘れがちなオイルです。 初心者や自分でメンテナンスをしない人はスクーターにおけるギヤオイルの存在さえ知らない場合が多いのが現状でしょう。 ...
CVT driving system

原付スクーターの駆動系カスタムで体感できる強化センタースプリングの効果

センタースプリングの強化は人によって好みが分かれます。 基本的にトップスピードを重視するのであればセンタースプリングの強化は行わないほうがよしでしょう。 他にはエンジンパワーを上げた場合にVベルトの滑りが発生するような状況には...
CVT driving system

原付スクーターの駆動系プーリーフェイスを加工してスタート加速をあげる方法

ロングプーリーボスやボスワッシャーの追加カスタムを行うとクランク軸のスプライン領域が無くなってしまいスプラインナットがはまらなくなる場合があります。 しかしスプラインが少し出ているから大丈夫...と強引に装着してしまうとスプラインをな...
スポンサーリンク
Exterior

初心者向けブレーキホースの交換方法を詳しく解説

ノーマルのブレーキホースは黒いゴム質で見た目が悪いのでステンレスメッシュタイプに交換しました。 ノーマルとステンレスメッシュの違いはブレーキを握った際のタッチ感の変更になります。ですからステンレスメッシュに変えたからといってブレーキ...
Exterior

バイクで「ネジが外れない」「ネジ山なめた」時の対処法を紹介

スタッドボルトが折れた場合でエキストラクターの使用に触れましたが、もっと身近なネジの外し方について書いていきます。ねじ山が潰れた場合に個人でどこまでやるか?が課題です。 私もバイクやスクーターで散々やってきましたので参考にして下さい...
Electrical equipment

原付スクーター・バイクにグリップヒーターで完璧な防寒対策

若い頃は寒さに強いのですが、歳を重ねると冬場のバイクは堪えます。 私も手元の防寒対策に厚手のゴアテックスグローブ、ハンドルカバー、ナックルガードと沢山試しましたがグリップヒーターに勝るものはありません。 雨を考えての配線が面倒...
Exterior

スクーターのフロントフォークをバネ切断で強引にローダウンする方法

フロントフォークをローダウンする方法は色々とあるのですが、私の方法はフロントフォーク内部のスプリングを自分で切断して短くする改造になります。 ローダウン専用スプリングを買うわけではないので部品代は0円。 またフロントフォークを...
Exterior

原付スクーターのエンジンハンガー交換・エンジンを分離する方法

エンジンハンガーは交換しても効果が良く分からない部品なのですが、ネタになると思って交換しました。 ちなみにエンジンハンガーを外す作業はちょっと大変なのですが、エンジン下ろしの練習にもなるので覚えておきましょう。 まずは車体を浮...
Intake system

インジェクションバイクに普通の燃料ホースを使った結果

BW'S125は燃料タンクが車体上部、スロットルボディの真上にあるので毎回取り外して作業しなければなりません。 何度も取り外ししてるうちに燃料タンクとホースの接続口に亀裂が入り、ガソリンが漏れ出しました。 おそらく似たような人...
Engine

原付スクーターのスパークプラグを5年間27000キ放置するとどうなるか

BW'S125を購入してから5年間、プラグを全く交換しませんでした。 その間に腰上は2回やりましたがプラグは放置で今回初めてプラグを外します。 プラグコードを抜いてからプラグレンチで回すだけの簡単作業です。バイク初心者...
Engine

エンジン内部の金属破損・欠損をメタルコピープロを使って補修と形成する方法

バイクのエンジン改造を行っている場合どうしても電動ドリルで削る作業があり、良く起こるのが削りすぎによる失敗です。他にもハードな使用によるアルミクラック発生もあったりするのでアルミや金属の補修方法は覚えておいて損ではありません。 私の...
Exterior

原付スクーターのディスクブレーキは初心者でもブレーキパッド交換可能、方法を詳しく解説

ブレーキパッドの交換は初心者でも簡単に出来ますが、命に関わる部分ですから慎重に作業しましょう。 初めて交換する人はパーツクリーナーも用意します。これがないと汚れたブレーキキャリパーの清掃がとてもキツイです。 先ずはキャリパー本...
スポンサーリンク