【電気式過給機】ロマン溢れるブロアーチャージャー

スクーターやバイクをカスタムしていると一度は想像してしまうターボやスーパーチャージャーの装着、しかし機械式でも排気式でもワンオフパーツだらけになるのでお金がかかります。 パワーアップで考えると、どうしても費用対効果でボアアップになるので個人レベルでチャレンジする人は少ないのが現状だと思います。

スパークプラグ変更で圧縮調整

バイクカスタムをしなくても交換しなくてはならない消耗品があります、プラグはその一つです。 プラグの性能劣化はエンジンに良くないし、性能も落ちるし良いことない... というのが定説だと思いますが、交換時期は?となるとバイクの場合は3000~5000キロが目安のようです。

シリンダースタッドボルトが折れた時の対処法

ボアアップなどの改造を行っていると、シリンダーヘッドナットを規定トルクより高くしめる場合がありますが、トルクレンチを持っていなかったり感覚で締め上げてスタッドボルトをねじ切りしたりヘッドナッド破損の場合があります。

エレクトロタップを使わないプラス電源取り出し方法

スクーターのカスタムでLEDなどを付ける場合に迷うのがプラス電源の場所になります。 一番楽なのは電装系アイテムの設置場所付近から電源を取る方法ですが、配線が複雑になったり、場所によってはショートしやすかったりするので一か所から確保したほうが後のメンテナンスを考えても楽です。

【原付スクーター】ハイカム導入における注意点

カムが削れてしまったので交換しました。交換するカムはノーマルよりリフト量が多いハイカムになります。 シリンダーヘッド取り外し、組み込み作業はそれなりのスキルや時間が必要です。初心者でも可能ですが、天候も考えてエンジン作業は屋内でしたほうが良いでしょう。

シリンダーヘッド吸気口の拡大加工

マニホールドの内径拡大加工をしたらシリンダーヘッドの吸気口も拡大加工しましょう。 マニホールドの内径に合わせる削ってゆきますが、丁寧に仕上げる為にはシリンダーヘッドを外す必要があります。