Exterior

スポンサーリンク
Exterior

ヘルメットのシールドにガラコを塗った結果

ヘルメットのシールドは長いこと使用すると傷がついたり曇ったりする消耗品、 新品時はコーティングがされており雨も弾いて快適ですが、半年もしない内にコーティングが剥げて雨を弾かなくなるパターンが多いです。(安いシールドばかり買っているとと...
Exterior

スリップサインが出たタイヤは早めに交換

ついつい忘れがちなタイヤのスリップサイン確認、放置したまま走ると乗り心地に影響を与えるし危険です。 とくにバンクさせた時や路肩とアスファルトのわずかな隙間で車体が揺らぐような状態までなってしまったタイヤはスリップサイン自体が消えてしま...
Exterior

バイクのブレーキフルード(ブレーキ液)をこぼして放置すると…

バイク、原付スクーターなどを自分で整備する人はブレーキフルードの扱い方は熟知していると思います。 まあ一般的にブレーキフルードを塗装した部分に付けてしまうと塗装を痛めてしまうので絶対にブレーキフルードを接触させない事、接触させてしまっ...
スポンサーリンク
Exterior

限界まで使用したBW’S125のブレーキパッド交換手順

原付2種乗りなら分かる事ですが、BW'S125(初期型)は町で見かける事が少ないマイナー車種です。 今回はマイナー車両であるBW'S125のブレーキパッドを交換しましたのでよかったら参考にどうぞ。 またブレーキパッドの交換手順は...
Exterior

【スクーター】メッキスパイラルチューブで簡単ドレスアップ

原付スクーターに限らずバイクのカスタムを行なっているとホース類やコードの取り外しや取り回しを頻繁に変える事があります。 そういった物をまとめるためにコイルゲートチューブなどを使うのですが、せっかくカスタムしているのに黒い無地のチューブ...
Exterior

【スクーター】白くなった樹脂カウルを復活する方法

スクーターの黒い樹脂カウルは無塗装のため、日焼けで白く劣化します。 経年劣化前に樹脂保護ケミカルで定期的にメンテナンスを行えばある程度は白劣化を防げますが、白劣化し始めてから何とかしたい人が多いと思います。 また売却する時なども...
Exterior

初心者向けブレーキホースの交換方法

ノーマルのブレーキホースは黒いゴム質で見た目が悪いのでステンレスメッシュタイプに交換しました。 ノーマルとステンレスメッシュの違いはブレーキを握った際のタッチ感の変更になります。ですからステンレスメッシュに変えたからといってブレーキの...
Exterior

バイクDIY「ネジが外れない!」そんな時の対処法

スタッドボルトが折れた場合でエキストラクターの使用に触れましたが、もっと身近なネジの外し方について書いていきます。ねじ山が潰れた場合に個人でどこまでやるか?が課題です。 私もバイクやスクーターで散々やってきましたので参考にして下さい。...
Exterior

【スクーター】強引なフロントフォークローダウン方法

フロントフォークをローダウンする方法は色々とあるのですが、私の方法はフロントフォーク内部のスプリングを自分で切断して短くする改造になります。 ローダウン専用スプリングを買うわけではないので部品代は0円。 またフロントフォークをば...
Exterior

【スクーター】エンジンハンガーとエンジン下ろし

エンジンハンガーは交換しても効果が良く分からない部品なのですが、ネタになると思って交換しました。 ちなみにエンジンハンガーを外す作業はちょっと大変なのですが、エンジン下ろしの練習にもなるので覚えておきましょう。 まずは車体を浮か...
Engine

【エンジン内部】メタルコピープロを使った金属補修と形成

バイクのエンジン改造を行っている場合どうしても電動ドリルで削る作業があり、良く起こるのが削りすぎによる失敗です。他にもハードな使用によるアルミクラック発生もあったりするのでアルミや金属の補修方法は覚えておいて損ではありません。 私の場...
Exterior

初心者の為のブレーキパッド交換方法

ブレーキパッドの交換は初心者でも簡単に出来ますが、命に関わる部分ですから慎重に作業しましょう。 初めて交換する人はパーツクリーナーも用意します。これがないと汚れたブレーキキャリパーの清掃がとてもキツイです。 先ずはキャリパー本体...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました