EV scooter

スポンサーリンク
EV scooter

電動バイク「Cute-mL」の実車試乗レビュー!

コンパクトに折りたためば一畳ぐらいのスペースで3~4台ほど置けちゃう電動バイク「Cute-mL」の実車を試乗してきました。 Cute-mLは電動バイクのシェアサービスShaero(シェアロ)で使われている折り畳み可能な電動バイク、な...
EV scooter

車の免許で乗れる三人乗り電動トライク「ラヴィータ」の魅力とは?実車試乗レビュー!

次世代モビリティとして電動キックボードや電動バイクが注目される中、軽自動車よりも安くコンパクトでランニングコストの安さが魅力の電動トライク(EVトライク)がじわじわと脚光を浴び始めています。 自動車と同等まではないものの、屋根がつい...
EV scooter

ヘルメット付きの折り畳み電動バイクシェアサービスShaero(シェアロ)

最高時速30キロまで可能な電動バイクシェアサービスShaero(シェアロ) ヘルメットも借りることが可能で、折りたたみ可能な電動バイクを都内各所に設置されたステーションで借りて返すシェアサービスです。
スポンサーリンク
EV scooter

電動スケボー公道走行は違反?その答えは運転免許停止のハイリスク

電動スケボーの公道走行は道路交通法違反になり、いわゆる『交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。』といったスケボーの公道走行とは完全に別の問題、捕まったら一発で免許取り消しレベルの違反行為です。
EV scooter

やけにパワーがあるな?と感じる海外製の電動自転車、アシスト比率が高いと違法の可能性あり

令和時代になり違法なフル電動自転車や電動キックボードの違法走行が問題になる昨今、実は従来からある電動アシスト自転車にも違法性が高いものが増えてきています。 ではどのような電動アシスト自転車が違法な存在か?となるとアシスト比率が日本の...
EV scooter

電動バランスボード(V-BOARD・ミニセグウェイ)の公道走行が違法な理由とは?捕まった場合の罰則

左右に車輪が付いたボードに立ち乗りして体重移動により操縦する電動バランスボード(電動立ち乗り二輪車・V-BOARD・ミニセグウェイ)と呼ばれる乗り物で日本の公道を走行する行為は違法になります。 電動バランスボードは日本の道路交通法で考えても公道意外の場所(私有地)でしか乗れない乗り物、 電動キックボードやフル電動自転車とは違い、ナンバー取得すら不可能な乗り物です。
EV scooter

ネットで買える公道OKの電動キックボード4選

インターネット通販で買える公道走行可能な電動キックボードを6万円台~10万円台前半まで紹介。違法走行にならない為には保安部品、ナンバー取得、自賠責保険、原付以上の運転免許、道路交通法など。
EV scooter

自賠責未加入の電動キックボードで事故を起こしてしまった場合

次世代モビリティとして注目される電動キックボードは誰でも公道走行してよい乗り物ではありません。 道路交通法を守らず公道走行した場合、万が一事故を起こした場合は取り返しのつかないことに...
EV scooter

ネット通販で買った電動キックボード、ノーヘルで原付登録せずに走る行為は暴走族と同じ

ノーヘル、ナンバー未登録、自賠責未加入、無免許、保安部品無しの状態で歩道を走行するのはかつての暴走族と同じく悪質な行為。 もしも上記項目に該当する電動キックボードで事故を起こした場合、どうやって責任を取るのでしょうか? あなたかネット通販で購入したその電動キックボードは公道走行してよいものですか?
EV scooter

ヘルメット着用任意(ノーヘル)の電動キックボードシェアサービスアプリLUUP

電動キックボードのシェア事業を展開する株式会社Luupが警察庁の有識者委員会が発表した電動キックボードの規制緩和案をうけて「新事業特例制度」に認定、2021年4月23日から電動キックボードシェアサービスアプリを開始した内容を詳しく解説
EV scooter

時速15キロ以下で電動キックボードを免許不要・ノーヘルで乗れる規制緩和案を解説

警察庁の有識者委員会が2021年4月15日に法的位置づけや規制緩和の指針を盛り込んだ中間報告にある電動キックボード、時速15キロ以下で免許不要・ノーヘルで乗れる規制緩和案を解説
EV scooter

ナンバーが取れる公道走行可能な合法電動キックボード「COSWHEEL EV Scooter」

保安部品が装着されていない電動キックボードの公道使用は道路交通法に違反します。 では公道走行可能な電動キックボードとはどのようなものがあるのか?を詳しく解説
スポンサーリンク