電動バイク「Cute-mL」の実車試乗レビュー!

EV scooter
スポンサーリンク

コンパクトに折りたためば一畳ぐらいのスペースで3~4台ほど置けちゃう電動バイク「Cute-mL」の実車を試乗してきました。

Cute-mLは電動バイクのシェアサービスShaero(シェアロ)で使われている折り畳み可能な電動バイク、なんとガソリン1L相当額で約320km走行可能のやりすぎじゃね?と思えるほと強烈なランニングコストパフォーマンスがある電動バイクです。

そんな電動バイクCute-mLは買うべきなのか、それともレンタルシェアすべきなのか、

実際にCute-mLを乗った私の感想から「買う」「借りる」検討の参考にどうぞ~!

スポンサーリンク

折りたたみ電動バイクキュートmL( Cute-mL )

Cute-mLが持つ最大の特徴は折りたためてコンパクトなサイズになる電動バイクです。

折りたたんだ際のサイズ感はゴルフバッグより少し大きい程度なのでバイク駐輪場でなく玄関に置けてしまうほど!

折りたたんだ状態のキュートmL

Cute-mLの折りたたみ時のサイズは630mm/310mm/1,160mm

ハンドルがあるので約40cm四方のスペースにおけるイメージ。うまいこと壁や隅に押し込めば30cm四方ぐらいに置けそうな感じも。

全長/車幅/全高 展開時:1,160/580/1,040mm

重量25kgなので女性でも担げる、折りたたんだ状態でもタイヤをキャスターのように転がせるから狭いエレベーターにも入れられちゃいます。

それでいて家庭のコンセントで充電可能(満充電の電気代約12円)、満充電で30km走行可能なので次世代モビリティとしての要素を完璧に備えた電動バイクといえるものです。

原付きバイク(スクーター)扱い

Cute-mLは50cc原付バイク(スクーター)と同じ扱いになる乗り物で、いわゆる原付一種に分類されるものになります。

原付一種なので運転するには原付免許以上の免許があればOK、自動車の免許(普通自動車)しか持っていない人でも原付バイクを運転できるように、Cute-mLも車の免許で運転できます。

滑らかな走り出しと軽い乗り心地

Cute-mLは電動なのでエンジンの50ccのように馬力やトルク数値が表現できません。

ということで定格出力350Wといった表現になるも、350Wではどんなパワーか分からないのが本音でしょう。

キュートmL

実際に試乗して感じたパワー感は50cc原付スクーターの半分以下といった感じ、それでも電動モーターの滑らかな走り出しは身長178cm体重73kgの私でもス~っと加速してく感じです。

そもそもCute-mLの重量が25kgしかないものなので全体的に軽い乗り心地。車体が小さい分、同じぐらいの重量があるヤマハの人気電動アシスト自転車PASよりも軽い乗り心地です。

コンパクトに折りたためる電動バイク Cute-mL(キュートml)
Cute-mL

滑らかな走りだしと軽い乗り心地の電動バイクです。
ギヤチェンジがなくスクーターのように乗れる、折りたたむと30cm~40cm四方のスペースにおける超コンパクトバイク、
たためばエレベーターに入る、ゴルフバッグぐらいの大きさで玄関スペースで置けるサイズ感。
満充電にかかる電気代は約12円で30km走行可能!

スピート違反を恐れない最高速度

Cute-mLが出せる最高速度は30km/h、ママチャリでも下り坂で出るスピードでロードバイクなら人力でも普通に出せる速度になります。

この30km/hをどう考えるか?がポイントになりまして、原付バイク感覚なら「遅い」これが本音だと思います。

ただし車重25kgの乗り物と考えれば十分すぎると思える最高速度、フレームや足回りを考えても30km/h以上の速度は怖いものがあります。

キュートmL後輪,ホイルインブラシレスモーター
ホイルイン・ブラシレスモーター

そもそも前後輪3.5-6のタイヤサイズで後ろはサスペンション無し。これでスピードを求めるほうが間違っているし危ないと思えます。

※3.5-6のタイヤは㈱アクセスの消耗品ページにラインナップされていました。

ここは30km/hまでしか出ないから原付のスピード違反切符を切られないと割り切った考えがベストでしょう。

急坂とかどうすんの?なんてのもありますが、車体を広げた状態なら片手で押せるレベルの軽さです。ここも割り切った考え方がベストだと思います。

※Cute-mLは約9°の坂を登れる、連続走行できるように設計されています。

原付1種バイクとして基本的な保安部品を備えている

重量25kgの軽さで保安部品や制動性はどうなの?といった不安があるはず、例えば一般的な原付スクーターに比べてちゃんと止まるの?といった不安です。

これについてはCute-mLはそもそも50ccエンジンスクーターの半分以下程度のトルク感しかなく、速度も30km/hまでしか出ないので全く問題なし。そもそもCute-mLはエンジンのように急加速できません。

仮に何らかの理由でブレーキが効かなくなったとしても、自転車のように足の裏で地面をこすりつければ止まれるレベルの車格・車重と考えればイメージができるでしょう。

前後ワイヤーディスクブレーキ

Cute-mLは前輪・後輪ともにワイヤー(機械式)ディスクブレーキを採用、油圧式ではないのでキュっとブレーキがきく感じです。

ヘッドライトを含めた全てがLED

キュートmLのLEDヘッドライト

Cute-mLの照明関係は全てLED、電動バイクに省電力のLEDを使うのはもはや常識です。

ウィンカー(前方)は極限までコンパクトに仕上げるためでしょうか、ベスパのようなバーエンドウィンカーに。

軽い車体なので原付バイク・スクーターのような「立ちごけ」でウィンカーを割ってしまうことはないでしょう。

Cute-mLをカスタマイズしたい…なんて考えている方もいるかもしれませんね、

でもCute-mLは折りたためる電動バイクの中では完成形に近いものがあり、車体に手を加える「隙」がほとんどありません。

ナンバープレートと後ろウィンカーはユニット状、しかも折りたたむ構造なので手を加える部分無し。

テールランプもシートと一体型、バラしてどうこう…といった妄想を膨らませるのは難しいでしょう。

USB充電ポート

キュートmLのUSBポート

USBポートが一つあるのでスマホを充電しながら、スマホをハンドルに固定してナビを使いながらを可能にしています。

とはいってもこのUSBポートはスマホ操作でCute-mLの電源を入れるShaero用に装備した感あり。

通勤・通学を考えての購入

原付き50ccクラスの電動バイクはランニングコストの高さが魅力的、それはCute-mLの魅力でもあります。

単純に計算すると、満充電までにかかる電気代が約12円( 1kWhあたりの電気代が東京電力で19.88)、それで30km走行可能。

ガソリン1Lを130円といった金額のみで考えると30km走行×11=330kmといった数字が出るので移動に対する燃料(Cute-mLは電気代)ランニングコストがヤバいレベルの安さになります。

ただし満充電で30km走行可能なので片道10km以内が理想的、最高速度・加速・車体の軽さを考えると片道5km前後の移動に適した車両だと思います。

ざっくり言ってしまうと徒歩や自転車、都市部なら電車で2~3駅の距離を楽に移動したい方が購入に向いてるのではないでしょうか。

コンパクトに折りたためる電動バイク Cute-mL(キュートml)
Cute-mL

滑らかな走りだしと軽い乗り心地の電動バイクです。
ギヤチェンジがなくスクーターのように乗れる、折りたたむと30cm~40cm四方のスペースにおける超コンパクトバイク、
たためばエレベーターに入る、ゴルフバッグぐらいの大きさで玄関スペースで置けるサイズ感。
満充電にかかる電気代は約12円で30km走行可能!

キュートmLバッテリー部
バッテリーは本体フレームに内蔵

バッテリーの寿命は約700回(約3~4年)、フレーム本体にバッテリーが内蔵されています。

Shaero(シェアロ)ステーションが増えればレンタルシェアもあり

シェアロのキュートmL車両

電動バイクのレンタルシェアサービス Shaero(シェアロ)の 車両として使用されているCute-mLですが、 Shaeroのステーションはまだ少ないのが現状です(2021年9月現在)

200円/15分
利用開始から最初の15分までは200円

それ以降は15分毎に200円課金

料金が2,000円を超えた場合は自動的に1DAYプランに切り替わります。

2,000円/24時間乗り放題
利用開始した時点から24時間何度でも利用可能です。

終了時刻を超えた場合、超えた時間分は従量課金(200円/15分)となります。

途中で解約・変更はできません。

20,000円/30日間乗り放題
利用開始した日から30日間(約1ヶ月)何度でも利用可能です。

終了時刻を超えた場合、超えた時間分は従量課金(200円/15分)となります。

途中解約の場合、開始日から2,000円/日で課金し、残りを返金いたします。

Cute-mLのメーカー希望小売価格は車両本体 ¥118,300、バッテリー ¥28,300、合計金額¥146,600(税込)

購入を検討されている方は、まずは1DAYプランで通勤・通学・近場の買い物などで使ってみる、それで気に入ったら購入する流れがよいでしょう。

Cute-mlの車体カラーラインナップは4色(WHITE・BLACK・RED・CREAM)、Shaeroで使われているの色はREDのみなので、購入の場合はRED以外がよいと思います。

Cute-ml(キュートml)の仕様

名称(登録)キュートmL 原付1種
機種名(型式)cuteml(EVS016)
全長/車幅/全高展開時:1,160/580/1,040mm
折畳時:630/310/1,160mm
シート高780mm
タイヤサイズ前後輪:3.5-6
本体重量(バッテリー含む)25kg
最大乗車重量+貨物120kg
最高速度30km/h(低速モードに切り替えると15km/h)
1充電走行距離30km ※2
原動機種類ホイルイン・ブラシレスモーター
定格出力350W
バッテリーリチウム電池
バッテリー電圧/容量48V12Ah
バッテリー寿命約700回(約3~4年) ※3
充電器形式スイッチング・レギュレーター式
フル充電時間約3~5時間 ※4
駆動方式ホイールダイレクトドライブ式
ブレーキ前後輪:ワイヤーディスク式
登坂角度約10゜※5
カラーホワイト・ブラック・レッド・クリーム

メーカー希望小売価格は車両本体 ¥118,300、バッテリー ¥28,300、合計金額¥146,600(税込)

価格で考えると新車の4サイクル原付スクーターよりも安く、電動アシスト自転車よりも高いといった微妙なライン。

そう考えると電動アシスト自転車でも漕ぐのヤダ、疲れたくない。だけど原付スクーターほどの大掛かりな乗り物は要らない、圧倒的にコンパクトで楽な移動手段が欲しい、しかもランニングコストが安いやつ…

こんな風に考えている層にCute-ml(キュートml)は刺さる乗り物でしょう。

また住まいの状況から自転車や原付バイクが置けない、でも自由に動ける足が欲しい!なんて方にも Cute-mlは刺さると思います。

Cute-ml(キュートml)の購入は㈱アクセスが公式に運営するアクセスオンラインショップから、他にも魅力的なEV車両を多くラインナップしています。

この記事を書いたひと
市具 成夫

原付二種ライダーの市具 成夫(シグ夫)です。
貧乏なのでバイクショップにメンテナンスやカスタムの依頼をする事はほとんどありません。
貧乏人ならではのカスタム術やメンテナンスから次世代電動モビリティなどの情報を発信しています。

市具 成夫をフォローする
EV scooter
スポンサーリンク
シェアする
Custom Repair Modified "Scooter Moped Motorcycle" by yourself

コメント