CVT driving system

スポンサーリンク
CVT driving system

初心者向けBW’S125cc駆動系の交換方法【中央8mmボルト】

駆動系部品の交換時期は走行距離や走り方で大きく変わります。 駆動系カスタムをする人は駆動系部品の交換を頻繁に行うので作業時間も30分以内で終わる人が殆どだと思います。その30分の作業時間も部品交換自体はすぐに終わるので部品の清掃に時間...
CVT driving system

【原付スクーター】Vベルト交換時期について

最高速度や加速が悪くなってきたな... と感じたらVベルトの交換ウェイトローラーの交換を考える時期ですが、実際にVベルトはどれぐらいで交換すれば良いのか? 悩むところです。 駆動系を自分で交換できる人やカスタム経験がある人ならば走行距...
CVT driving system

フィン無しプーリーフェイスが駆動系に与える影響

駆動系カスタムにおいてプーリーやウェイトローラーの交換はメジャーなカスタムですが、プーリーフェイスについての効果についてはネットなどで具体的な効果についての記事が少ないように思います。 というわけで私のスクーター駆動系カスタム経験にお...
CVT driving system

原付バイク、スクーター、駆動系の調子が悪い時にチェックするポイント

駆動系の調子が悪い時にチェックすべき項目です。基本的にはノーマルバイクにおけるトラブルです。 初心者や自分で修理や改造を行わない人向けの記事になるのでバイクに詳しい人は読み飛ばして下さい。 エンジンがかかっているのにアクセルをあけて...
CVT driving system

【駆動系】直溝トルクカムを分解して詳しく見る

トルクカムは無段変速機の力量配分において重要な部品になります。 このトルクカムには溝があり、再加速時や坂などで無段変速機を低速ギヤにさせたりといった役割があります。文字にすると非常に複雑な構造なりますが、主にVベルトを引っ張る力の調整...
CVT driving system

クラッチミートタイミングを変更して信号ダッシュ

スクーターのクラッチは遠心力によってクラッチを繋げる構造になります。 その遠心力を制御している部品がクラッチスプリングです。また初心者の場合はクラッチスプリングとセンタースプリングの用途や名称を間違えている人も多く、駆動系のセッティン...
CVT driving system

【原付スクーター】ウェイトローラーは消耗品

駆動系のチューンをする人はウェイトローラーの交換を頻繁に行うので、ウェイトローラーが消耗品であることはご存知でしょう、ですからこの記事は読み飛ばして下さい。 スクーターのカスタムや修理を自分でやった事がない人でもウェイトローラーが消耗...
CVT driving system

15分で終わる原付スクーターのギヤオイル交換

製造メーカーや車種によって扱いや交換時期が異なるギヤオイル、メンテナンスを自分でやる人も忘れがちなオイルです。 初心者や自分でメンテナンスをしない人はスクーターにおけるギヤオイルの存在さえ知らない場合が多いのが現状でしょう。 私...
CVT driving system

【スクーター駆動系】誰でも分かる強化センタースプリングの効果

センタースプリングの強化は人によって好みが分かれます。 基本的にトップスピードを重視するのであればセンタースプリングの強化は行わないほうがよしでしょう。 他にはエンジンパワーを上げた場合にVベルトの滑りが発生するような状況には効果的です...
CVT driving system

プーリーフェイス加工によりスタート加速をあげる方法

ロングプーリーボスやボスワッシャーの追加カスタムを行うとクランク軸のスプライン領域が無くなってしまいスプラインナットがはまらなくなる場合があります。 しかしスプラインが少し出ているから大丈夫...と強引に装着してしまうとスプラインをな...
CVT driving system

【駆動系】スタータークラッチは分解しないほうがよい。

シグナスxのクランクを割る時にスタータークラッチが硬くてなかなか外れませんでした。 その時に色んな工具で無理やり引っ張ったりしたので、スタータークラッチに傷が... このまま無視して組んだのですが、セルをかけるとスタータ...
CVT driving system

【スクーター】駆動系の故障、セカンダリーが折れた場合

シグナスXのセカンダリーフィクスドシーブが折れましたので新品に交換します。 交換作業にあたってはローターホールディングツールとクラッチナットレンチが必要になりますので用意しましょう。   ローターホールディングツールはスクータ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました