シリンダーヘッド用エアダクトでエンジンオイル温度を下げる

Sponsored Link

バイクエンジンのカスタムをしていると、どうしても油温が上がってしまいます。

特にスクーターのシリンダーヘッド周辺は高温になり、夏場のツーリングにむけてオーバーヒート対策を考えている人もいると思います。

そこでシリンダーヘッド冷却の応急措置でエアダクトを作りました。

このカスタムにはアルミダクトとガラリが必要になります。

untitled

このような物体を購入する前によく考えましょう。

二度と普通のスクーターには戻れません。

untitled

どちらもホームセンターで購入しました。

当然ですが、このようなパーツ、バイク屋さんでは売っていません。

Sponsored Link

エンジン前のカウルを加工します。

エアダクトを通す為に加工するので、元には戻せません。

先々にバイクを売ることを考えれば止めておいたほうが良い加工になります。

このような加工は自宅でじっくりと行います。

駐輪所やバイク置き場のような場所で行うと不振な目で見られます。

カッターやハサミを使って後戻りできない加工をしましょう。

この画像を見て、少しでも躊躇うのであれば加工はしなほうが良いです。

ばっちりはまりました。

この画像をみてワクワクするようならば変態カスタムの要素ありです。

好きな場所エアダクトを設置して終了です。私はタイラップで固定しました。

個人的にはこれ以上ないぐらいかっこいい原付2種スクーターになるのですが、興味のない人からすれば変人扱いです。

またこのような極太エアダクトを装着していると、信号シグナル競争を挑んでくる原付2種はそうそういません。

一般的にはとんでもないシグナスXといったところでしょうね。

これで油温が下がるの?

結果としては相当下がります。

冬場は取り外したほうがよいのではないか?と思うぐらいの効果があります。

これはスクーターの欠点であるエンジンルーム全体に風を当て込むわけですから当たり前の結果とも言えます。

スクーターはエンジン設置場所が閉鎖的な場所であり、クランク軸からの動力にファンをつけてシリンダーを空冷しています。しかしシリンダーヘッドまではカバーされていません。

そしてシリンダーヘッドはかなりの高温なる場所です。

ハードなカスタムで油温に悩まされてる方は参考にして下さい… ただし、私のように設置すると見た目が相当やばい雰囲気になり、警察に停められることもしばしばありました。

ハードなカスタムはこちらを参考にどうぞ。

バイクのエンジン改造を行っている場合どうしても電動ドリルで削る作業があり、良く起こるのが削りすぎによ...