スクーターにエアダクトをつける方法

Sponsored Link

駆動系を冷やす為のエアダクトになります。

ノーマル車両には必要のないダクトですが、カスタム車両には色々と流用のきくエアダクトになりますので、原付にかっこいい一本どうでしょうか?

それではカウルを外してパイプが入るように削りましょう。

CIMG2690

カットする場所は外装カウルでは無い場所がよいです。

樹脂パーツはノコギリでカットしてもよいし、ニッパーで細かく切ってもOK

CIMG2692

使用しているエアダクトは洗濯機用のホースになります。ホームセンターで購入しました。

ノーマルのように見せるならば黒いホースが良いと思います。

面白い事をしたいのであればホース内にLEDを設置して光らせるといったアイディアもあります。

LEDの作成方法はこちら
https://cvtmotorcycle.com/self-made-led/

Sponsored Link

パイプを車体から駆動系の穴に通します。

CIMG2688

あまり目立つように付けるのではなく、チラリと見えるように付けるのがポイントです。

「あのスクーターは凄そうだ」

と思わせれば勝ちです。

CIMG2687

洗濯機のホースははさみで簡単に切ることが出来ます。車両に合わせて長さを調節します。

ジョイント部も洗濯機コーナーで購入しました。

CIMG2695

エア進入口を好きな場所につけて完了です。

ちなみに私はエア吸入口を紙コップをつかっておりますが、ホームセンターの建材コーナーにはダクトの先端パーツが豊富にあります。かっこよく決めたいですね。

駆動系を冷やすといってもプーリー冷却がメインのエアダクトになります。駆動系の本格的な冷却エアダクトはクラッチ部になります。

なぜプーリーの箇所を冷却するかといえば、シグナスX系の車両には一応エアダクトが付いています。

しかしこの一応ついているエアダクト、プーリーのフィンにより外にエアを排出するものなのか、クランクケース内にエアを送り込むエアダクトなのかよくわかりません。

エアダクトから続く駆動系カバーにはフィルターが付いており、ゴミの付着状況からすると外気から駆動系内部といったエア流入方向となっています。

しかしこのダクトのエア侵入口の位置は、とても外気を大量に入れる位置ではありません。

シグナスX系の車両はここが唯一良く分かりません。スズキ社車両を見せてもらったところ、少なくともシグナスX系よりは効果的でした。

駆動系の本格冷却については、少し難しいですがクラッチ冷却用エアダクトに電動ドリルを使用したカスタムを記載しています。

クラッチ冷却用エアダクトはこちら

クラッチを改造していると、時々熱だれを起こします。 そこでシグナスXの駆動系カバーを穴を開けて...
Sponsored Link

Feel free to follow me!