【スクーター】オイルドレンボルトへの油温計センサー扱い方

最近の原付スクーターの計測器にはインジェクションランプやタコメーターが標準装備されているものが多く、普通に使用する分には十分な機能が備わっています。 それ以外の計測器といえば油圧、油音、水温、電圧、エアフロなどがあり、これらの計測器は原付スクーターの場合カスタム車両でない限りそれほど重要性のあるものではありません。

シグナスX、BW’Sのオイル交換、茶こしフィルターボルトは慎重に!

シグナスX、BW'Sのエンジンオイル交換はドレンボルトからエンジンオイルを抜くという事にななっているももののオイルフィルター部からエンジンオイルを抜く人が多いと思います。 オイルフィルター部からエンジンオイルを抜く理由は簡単でこちらのほうがクランクケース内部のエンジンオイルがきれいに抜けるような雰囲気にあるのと、エンジンオイル交換ついでにフィルター洗浄も一緒に行うからです。

【スクーター】メッキスパイラルチューブで簡単ドレスアップ

原付スクーターに限らずバイクのカスタムを行なっているとホース類やコードの取り外しや取り回しを頻繁に変える事があります。 そういった物をまとめるためにコイルゲートチューブなどを使うのですが、せっかくカスタムしているのに黒い無地のチューブでは面白くありません。とういう事でメッキ処理を施したスパイラルチューブ(メッキワイヤーコイル)の良さと悪さについて書きますのでお洒落に目立ちたい人は参考にどうぞ。

ピストンを研磨してパワーアップ「感」を得る

シリンダーヘッドのカスタムやシリンダーピストンの交換を行うと磨きたくなるのがピストンです。 多分世界中には個人レベルでもピストン磨きを行う人が沢山いて、皆オリジナル加工や秘密の加工を行っている事でしょう。 私もその一人になりますので、これからチャレンジする人などは参考にどうぞ。

フィン無しプーリーフェイスが駆動系に与える影響

駆動系カスタムにおいてプーリーやウェイトローラーの交換はメジャーなカスタムですが、プーリーフェイスについての効果についてはネットなどで具体的な効果についての記事が少ないように思います。 というわけで私のスクーター駆動系カスタム経験におけるフィンなしプーリーフェイスににつて記述しますので、よければ参考にして下さい。

原付バイク、スクーターの調子が悪い時にチェックするポイント

毎日乗るバイク、休日しか乗らないバイク、人によって使い方は色々です。 自分で整備やカスタムを行う人であればバイク調子が悪い時に大体の予想が付きますが、そうでない人にとってはさっぱり分からないでしょう。 もし私のブログを読んで、解決の糸口が見つかってくれれば良いな... と思っています。 この記事はそういった初心者向けの記事になるので詳しい人は読み飛ばして下さい。