原付バイク、スクーター、エンジン系の調子が悪い時にチェックするポイント

Sponsored Link

エンジン系の調子が悪い時にチェックすべき項目です。基本的にはノーマルバイクにおけるトラブルです。

初心者や自分で修理や改造を行わない人向けの記事になるのでバイクに詳しい人は読み飛ばして下さい。

エンジンがかからない

セルモーターが動かないのであればバッテリーのチェックです。充電するか、新品バッテリーを購入しましょう。キックペダルのついてるバイクならば、まずはキックです。

例えばセルスタートスイッチを押しながらキックをかけたりすると、バッテリーが上がったエンジンでもセルモーターが少し動いでエンジン始動になる場合があります。キック始動の際に反発力が無い場合は重症の可能性があります。

次にチェックするポイントはプラグコードが抜けている場合、何者かのいたずらによる原因の可能性もありますし、プラグ交換時にいいかけんにはめてしまったせいで抜ける事もあります。

さらに見落としがちなのがガス欠燃料コックのオフ。

これらをチェックしても初爆(エンジン始動における最初のシリンダー内爆発)が起きない場合は燃料漏れをしらべましょう。ガソリン臭が漂っていたら漏れています。

インジェクション車両の場合はインジェクションランプの確認です。点灯している場合は何かしらのエラーが発生しています。

長く使用しているバイクはセルモーター自体が劣化している場合もあります。

エンジンがかかってもすぐにエンジンがとまる

たまに発生する症状であれば気温湿度の変化によるエンジンストールで良いでしょう。しかしエンジン始動直後に発生するとなれば燃料系統の異常かプラグ系統を疑います。

おおまかにチェックするポイントエアフィルターの目詰まり、洗車によるエアフィルターが完全に濡れた状態、ゴム部品の経年劣化による二次エア吸い込みと、排気漏れです。

インジェクション車両は排気漏れでエラー発生を知らせてくれる可能性があるので原因を探りやすいです。最近の車両はマフラー内にすすが貯まって…のような事はありませんが、一応排気口もチェックします。見える範囲で何か詰まっている場合もあります、この場合はいたずらですね。

信号停止時に頻繁にエンストする

気温が極端に低い状態の雨や雪で発生する事があります。そのような天候では普通に走行していて信号のたびにエンストが十分にありえます。とくにキャブレター車両はその傾向が強いと思って下さい。

普通の季節でこれが発生する場合は燃料系を疑います。キャブレター車両はエアスクリュー、パイロットジェット、ダイヤフラムのチェック、インジェクション車両はどこかの配線が切れていたりインジェクター異常の異常が考えられます。

アイドリングが安定しない

プラグ、バッテリー、プラグコードをチェックすることは勿論ですが、原因はおそらく燃料、給気系でしょう。オクタン価の異なるガソリン(レギュラー、ハイオク)を入れた場合も発生しやすい現象です。その場合は残燃料を早く使い切って適正なオクタン価のガソリンを入れれば大丈夫です。

オートチョークユニットが壊れている場合もあります。

また、これもよくある話で、2ストロークエンジンバイクの2ストオイル口に間違えてガソリンを入れてしまった場合、初心者ならばバイク屋さんに直行しましょう。

他には砂利道など悪路を走行するバイク、とくにスクーターの場合はエンジン冷却用の空冷ファンから大きな異物を吸い込み、フライホイール、点火時期のピックアップ狂わせている場合もあります。アイドリングは安定しないけど走れてしまうので症状が分かりにくいです。

エンジンから異音がする

異音が発生する前にオイル交換を行っておきたかったですが、どのみちエンジンから異音が発生となると初心者ではどうする事もできません。素直にバイク屋さんにもってゆくか、私のブログのコンテンツを見ながら自分で頑張るか…

どうしてもシリンダーやピストンを見なければならないのでエンジンをばらす必要があります。つまり重症。

やけにエンジン付近の温度が熱い

エンジンを冷やす空冷ファンのチェック、水冷車両は冷却水のチェック、オイルクーラーがついてる車両はコアのチェックを最初に行います。どれもメンテナンス事項ですからきちんとしていれば症状は収まると思います。

アクセルオフしているのにエンジン回転数が落ちない

まずはアクセルワイヤーとスロットルの状態をチェックしましょう。殆どの原因はここにあります。場合によってはキャブレターやスロットルボディの弁バネが異常かもしれませんが、改造車両でないかぎりここは疑いません。

エンジンが切れない

キーOFFでエンジンが止まらないとなればかなりの異常状態です。自分でなんとか元に戻すような事を考えるのではなく、強引にエンジンを止める他ありません。

センタースタンドを立ててバイクが動かないようにし、空気吸入口(エアフィルターなど)を塞いでエンジンストップ、それでも駄目ならマフラーの排気口を塞げば止まるはずです。

ノーマル車両であればエンジンが切れないような事はないはずですから安心してください… といいたいところですが、エンジンにはラン・オン現象といものがあります。

これは燃焼室内の一部が熱っせられた状態でプラグ点火がなくともピストン圧縮により点火してしまう現象です、燃焼室にカーボンが蓄積したエンジンなど原因は様々で、決して幽霊の仕業ではありません。

エンジン内部の事なので初心者には不明でしょうし、エンジンをばらす必要があります。バイク屋さん直行です。このようなラン・オン現状は、おもにキャブレター車両で発生します。

キーシリンダーの故障であれば交換です、これが原因であれば良いですね。

スピードがでない・加速が悪い

エンジン系のトラブルでスピードや加速の調子が悪いのであれば深刻な状況です。例えば「エンジンは普通にかかる、だけどまともに走行できない…」こうなるとシリンダーヘッド内部のカム、ロッカーアーム、バルブの破損を疑います。

これはアクセルをひねってもエンジン回転数があがらないといった状況を指すもので、給気系の故障も考えられます。初心者には判別できないのでバイク屋さんにいきましょう。

アクセル開閉でエンジン回転数が上がる場合は駆動系を疑いましょう。

最後に

エンジン系のトラブルはその症状によりおおよその見当が付きますが、初心者やメンテナンスをバイク屋さんに丸投げしている人に判別することは難しい部分が多いです。

可能であれば走行中にエンジン音、給気音、排気音などから微妙な違いを察知する習慣を身につけましょう。

自分で修理したい人はエンジンのカテゴリー(Engine)を参考にどうぞ。私のブログでトラブルが解決すれば嬉しいです。