原付2種スクーターのバッテリー充電方法

Sponsored Link

冬場になるとバッテリーが弱くなります。

特にグリップヒーターを付けてる車両はバッテリー充電が重要です。

グリップヒーター取り付けはこちら

若い頃は寒さに強いのですが、歳を重ねると冬場のバイクは堪えます。 私も手元の防寒対策に厚手のゴ...

私が使っているのは4000円のバイク用充電器です。

小型なので出先での緊急バッテリー上がり時用に持ち運びたい品ですね。

CIMG2480

スクーターのバッテリーは簡単に取り外しが出来るようになっています。

屋外での充電は様々な意味で危険ですから屋内で充電しましょう。

家庭用コンセントで簡単に充電可能なものが良いですね。

CIMG2479

Sponsored Link

マイナスから始まり、マイナスで終わる

バッテリーを弄る場合はこれが基本になります。

マイナス端子を外してからプラス端子を外します。取り付けの際はプラス端子をつけてからマイナス端子を付けます。

工具が触れてショートしないための対策になるので、基本はしっかりと守りましょう。

CIMG2477

充電器の赤いコードをバッテリー端子のプラスに接続、黒いコードをバッテリー端子のマイナスに接続して充電完了まで放置です。

どれぐらいの期間をおいて充電すればよいの?

についてですが、私の場合は期間を決めておりません。

カスタムや修理にかかる時間が1時間以上であるならついでに充電といったやり方になります。何か大きな作業をするなら先にバッテリーを外して充電といった感じです。

ですから全く充電しない期間もあるし、満充電を意識しておりません。

こんなんでいいの?と思われるでしょうが、一応バイクは走っていれば充電されます。

しかしバッテリーへの充電を考えた走行を考えると話は変わってきまして、ヘッドライトが常時点灯するような車両は走行充電を考えるのではなく充電器による定期的な充電が良いと思います。

アイドリング状態での発電充電効果はあまり考えないほうが良いでしょう。

おそらくアイドリング状態では発電量で車両の全てをまかなえていません。

バッテリーレスでエンジン始動

これはバッテリーを外した状態で電圧計をつけてエンジン始動できる車両で試せば分かるのですが、バッテリー搭載時14~15Vの通常電圧がバッテリー無しキック始動では9V程度です。

CIMG8302

バイクによって異なるかも知れません。

例えばシグナスXの場合、この状態で試走行すると優先順位はプラグで、ヘッドライトは弱弱しく発光。ウィンカーの使用も不可能に近く、ホーンも鳴らないといった感じです。

全ての電装をオンにしてもエンジン停止にはなりませんでした。

これはレースに使う車両向きのカスタムになり、バッテリー搭載車両を「バッテリーレスで軽量化!」して通常走行するのは危ないし、夜間ヘッドライトが弱弱しいとなると整備不良で止められるかもしれません。

バッテリーレスにするのであれば、専用のシステムを構築しましょう。

Sponsored Link

Feel free to follow me!