シリンダーヘッド吸気口の拡大加工

Sponsored Link

マニホールドの内径拡大加工をしたらシリンダーヘッドの吸気口も拡大加工しましょう。

マニホールドの内径に合わせる削ってゆきますが、丁寧に仕上げる為にはシリンダーヘッドを外す必要があります。

そこまでのスキルが無い、自信が無い人は吸気口にウエスやコットンを突っ込んで掃除機で吸い込みながらドリルで削っても良いです。

IMG_0558  IMG_0561

上記画像はシグナスxのシリンダーヘッドを外さない状態で荒削りしたものです。

私は最適な内径が知りたかったので、少し広げて試乗を繰り返す為にシリンダーヘッドを外さず加工しました。

荒削り試乗で内径が決定してからシリンダーヘッドを外し、ツルツル仕上げにしました。

インテークマニホールドの内径拡大加工はこちら

バイクをカスタムしているとキャブレターやスロットルボディを大径の物に交換してパワーアップを目指す場合...
Sponsored Link

最近のシリンダーヘッドはアルミ合金が多いので簡単に削れます。

軽くテーパー状に仕上げますが、シリンダーヘッドを外さない状態での作業はここまでが限界になります。

IMG_0559

また初心者であれば、むやみに奥まで削る行為は止めましょう。あくまでインテークマニホールド、ベークライトとの内径を合わせる程度にやめておきます。

加工が終わったらウエスを取り除いてから削りカスを除去、エアブローなどで綺麗に吹き飛ばして灯油やパーツクリーナー等で洗浄します。

削りカスが残ったままエンジン始動してしまうと燃焼室に侵入してしまい、ピストンやシリンダーを傷つけてしまいます。

入念に洗浄してからエンジンを始動してください。

本格的なポート研磨

吸気ポートの研磨はツルツルの鏡面仕上げが良い…

エンジンカスタムを行う予定の人であれば、通常このように考えると思います。しかし逆の見解もあり、ツルツルではないほうが良い…

インジェクションとキャブレターによっても異なるのですが、キャブレターのほうが混合気の粒が小さく細かいから… などと様々な見解があります。

吸気ポートの拡大や研磨は確実に効果がでる加工ですが、作業が面倒です。私としてはキャブレターでもインジェクションでも鏡面仕上げを選びます。

少なくともバリが残ってるノーマルポートよりは良いでしょう。