マフラーが2本!?自分で作るサイレンサー型エアフィルター

Sponsored Link

ノーマルのエアフィルターボックスを外してサイレンサー型エアフィルターに変更するカスタムです。

適当なパイプ、エアフィルター、自動車のマフラーカッターなどを使ってオリジナルを作りましょう。

CIMG0073

自分で部品を揃えるのが面倒なかたはサイレンサー型エアクリーナーキットを購入したほうが専用設計なので楽ですね。

CIMG0068 muu1

私がシグナスxにつけたエアクリーナーはK&Nでして小さいフィルターセットのタイプになります。

しかし小さいフィルターの使い道が不明です…

多分ブローバイガスホースへ接続するためのミニフィルターなのでしょう。

フィルターには赤色のフィルターオイルを染み込ませてから使用しましょう。

CIMG0081 CIMG2213

ノーマルのアエクリボックスを外して付け替えるだけの簡単作業です。

マフラーカッターを被せると第二サイレンサーのような外観になります。エアフィルターがむき出しの位置に設置するので雨が気になる人もマフラーカッターをかぶせたほうが良いかもでしれません。

エアフィルターをキャブやスロットルバルブから離れた場所に設置したい場合は、洗濯機ホースなどで延長させます。

CIMG4640 CIMG4641

Sponsored Link

湿式エアフィルターの洗浄は専用クリーナーを使います

K&Nの湿式タイプフィルターは高価なフィルターの部類にはいるので汚れたら使い捨て…のようなわけにはいきません。

専用のクリーナーとオイルがセットになったキットを用意して定期的にメンテナンスを行えば、かなり長持ちします(5年単位で長持ち!)

CIMG1965 CIMG1968 CIMG1969

日常的な走行では湿式が良いと思いますが、アクセルレスポンスを上げたい時などは乾式タイプが良いでしょう。

乾式タイプのフィルターでスポンジタイプのものは価格も安いので気軽に交換できます。

ノーマルのエアフィルターを改造して乾式ecoフィルターを作ってみました。興味がある方はこちらも参考にどうぞ。

ノーマル原付スクーターのエアフィルターは耐久性などを考慮してでしょう、かなり厚みのあるしっかりとした...

LEDを仕込むとさらにカッコイイ!

ただサイレンサー型エアクリーナーにするだけでは面白くありません。LEDを内側に仕込む事によりオリジナル性が増します。

CIMG3197

サイレンサー型エアクリーナーが第二テールランプのようにも見えるし、マフラーが赤く光ってるようにも見えます。

自作LEDはこちらをどうぞ

車用のLEDは普通に市販されていますが、私は貧乏なので自分で作っています。 電装関連で有名なメ...