マニホールド内径を拡大加工してパワーUP

Sponsored Link

バイクをカスタムしているとキャブレターやスロットルボディを大径の物に交換してパワーアップを目指す場合がありますが、その際にはインテークマニホールドの内径やシリンダーヘッドの給気口も拡大しないと効果不十分です。

untitled

またパワー規制の為にメーカーがインテークマニホールドを調整している車種もあったりするので自分のバイクを知る為にもインテークマニホールドの内径は確認しましょう。

シリンダーヘッドの給気口も拡大はこちら

マニホールドの内径拡大加工をしたらシリンダーヘッドの吸気口も拡大加工しましょう。 マニホールド...
Sponsored Link

電動ドリルでマニホールドを削る。

インテークマニホールドの材質にもよるのですが、キャブレターやスロットルボディとシリンダーヘッドを繋ぐ部品だけあって硬い材質のものが多いです。

カスタム環境が整っている方であれば、固定されたボール盤に力を加えながら削ったほうが圧倒的に早いです。

untitled

また奥の削りが大変です。

電動ドリル用のフレキシブルエクステンションなどを使って頑張りましょう。混合気の流動も考慮して、なるべく綺麗に削ります。上記画像のような荒削りで完成は駄目ですよ。

ベークライトも削る。

ノーマルのベークライトを加工して使います。

untitled

ベークライトも合わせて内径拡大します。できればほんの少しテーパー状にすると良いです。

インテークマニホールドの加工は電動ドリルで削りますが、仕上げは凹凸を無くしてツルツルに仕上げたほうが良いです。

ザラザラした手触りでも問題なく動きますが混合気流をスムーズに流したほうが良いですね。

ちなみにベークライト・マニホールド・シリンダーヘッド給気口の加工をするとノーマルより耐久性や水平が崩れて二次エアを吸い込んでしまう場合があります。

gasu

そのような場合は液体ガスケットを使用しましょう。

二次エアの確認法はCVK 32Φ キャブレターパート2を参照して下さい。

Part 1 の続きです。 画像で簡単にキャブレターの説明をします。   part...
Sponsored Link

Feel free to follow me!