原付スクーター駆動系の故障、セカンダリーが折れた場合

CVT driving system
スポンサーリンク

シグナスXのセカンダリーフィクスドシーブが折れましたので新品に交換します。

交換作業にあたってはローターホールディングツールとクラッチナットレンチが必要になりますので用意しましょう。

CIMG2235 CIMG2237

スポンサーリンク

ローターホールディングツールはスクーターに欠かせない工具

ローターホールディングツールは回転する部位を固定する為の工具です。

駆動系やエンジンのカスタムの全てに使用する工具になり、回転部品にはローターホールディングツールを装着する穴が付いている場合が殆どです。

これをもっていないとスクーターの修理やカスタムは不可能だと思ってください。自作も可能ですが、それなりの強度が必要になる工具です。初心者でなくとも購入しましょう。

CIMG2238 CIMG2239

クラッチアウターをローターホールディングツールで固定しながら外します。

クラッチナットもローターホールディングツールで固定しながら外しますが、足で上から押さえつけながらハンマーでクラッチナットレンチを叩くという方法もあります。

センタースプリングの跳ね返りに注意しましょう

初めてクラッチの分解を行なう際はクラッチナットが硬いです。

硬いクラッチナットが緩み始めると簡単に外れるのですが、外れる瞬間にセンタースプリングの跳ね返りがあります。

そろそろ外れそうだな… と感じたら、セカンダリーとトルクカムを押さえつけながら跳ね返りに備えましょう。予め、クランプで挟んでおくのも良い方法です。

CIMG2234 CIMG2240

駆動系のクラッチ部はグリスやクラッチシューの削りかすにより相当汚れている場所です。ティッシュを大量に使っても良いですがキッチンペーパーのほうが価格的にも使い勝手が良いのでお勧めします。

CIMG2228 CIMG2229

センタースプリングを外したらスプリングスライダーを外してトルクカムからピンを取りましょう。ピンはピンセット等で簡単に抜けます。

綺麗にしたあとモリブデングリスを塗って組み付けます。

クラッチアウターの掃除

クラッチアウターの内側にはクラッチシューの削りカスが溜まっています。これにパーツクリーナーを吹きかけて、ブラシで擦ってきれいにしましょう。

たったこれだけの事でクラッチの食いつきが良くなります。

またクラッチシューの削れ具合も確認しましょう。シューが減っている状態ではクラッチミートのタイミングが高回転になったり、クラッチの滑りによるフリクションエロスが発生します。

クラッチについてはこちらでさらに詳しく解説しています。

【駆動系】原付スクーター直溝トルクカムを分解、構造を確認してみよう!
トルクカムは無段変速機の力量配分において重要な部品になります。 このトルクカムには溝があり、再加速時や坂などで無段変速機を低速ギヤにさせたりといった役割があります。文字にすると非常に複雑な構造なりますが、主にVベルトを引っ張る力の調整...

コメント

タイトルとURLをコピーしました