ヘルメット着用任意(ノーヘル)の電動キックボードシェアサービスアプリLUUP

EV scooter
スポンサーリンク

次世代モビリティ―として注目される電動キックボードのシェア事業を展開する株式会社Luupが2021年4月23日から電動キックボードシェアアプリの提供を開始しました。

背景には警察庁の有識者委員会が発表した電動キックボードの規制緩和案があり、2021年4月23日にLUUPが「新事業特例制度」に認定されたことを受けての電動キックボードシェアリングサービスの開始になります。

LUUP電動キックボードシェアは規制緩和案に近い形のサービスとなっており大きな内容は以下の通り。

  • 歩道の走行は禁止
  • 普通自転車専用通行帯(自転車レーン)が設置されている道路においては、当該通行帯を走行
  • 車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行する必要。
  • 小型特殊自動車は二段階右折は禁止
  • ヘルメットの着用は任意(ノーヘル)
  • 時速15㌔以下

重要な部分は中でヘルメットの着用が任意であること、つまりはノーヘルOKで電動キックボードが乗れる状態(特定業者のみ)なので電動キックボードを試してみたい方、完全に規制緩和された後に市販の電動キックボードの購入を検討されている方などにとって気になる電動キックボードシェアサービスでしょう。

スポンサーリンク

電動キックボードシェアアプリLUUP

電動キックボードシェアサービス「LUUP」を始めるには最初にスマホでアプリをダウンロードする必要があります。

※アプリのダウンロードは無料

実質的に18歳未満は利用が難しい

LUUPで電動キックボードを乗るにはアプリのダウンロード後にクレジットカードの登録と免許証のアップロードが必要になります。

つまりノーヘルで電動キックボードに乗れるとはいってもクレジットカードの登録があるので実質的に18歳未満は難しい状態、17歳の未成年が原付免許を取得して親のクレジットカードで…のような状態も考えられますが確認のテストもあるので恐らく弾かれるでしょう。

※運転免許を持っていて電動キックボードの運用ルールが分かっていれば合格できる●×形式のテストです。

LUUPはヘルメットの着用が任意とはいっても自転車感覚で誰でも利用できる電動キックボードシェアではないのが現状です。

LUUP電動キックボード乗るまでの流れ

アプリをダウンロートして免許とクレジットカードと確認テストの受講があるLUUP電動キックボードシェアアプリ、少々ハードルが高いものがありますが規制緩和案の内容にそったものなのでそこは我慢するしかありません。

  1. 「LUUP」をダウンロードし会員登録
  2. アカウント設定画面から免許証の登録と確認テストの受講
  3. マップ画面からライドを開始したいポートを探す、ポート詳細画面からポートに電動キックボードがあることを確認
  4. 「ロック解除」ボタンを押してカメラを起動し、QRコードを読み取る
  5. 目的地ポートを選択し、返却する場所を予約(目的地ポートはあとから変更可能)
  6. スマートロックが解錠されたら電動キックボードから音がでて速度表示の液晶がつきます。安全にライドをお楽しみください。
  7. 目的地ポートに到着したら、枠線内に返却
  8. 返却時の写真を送信したら決済が完了しライドが終了 ※電動キックボード乗車中は、一時停止は可能ですが、ポート以外の場所での緊急停車ができません。

現状では目的地ポートへ行く行為がメインとなっていそうな感じのLUUP電動キックボードシェアサービス、今後の展開に期待が高まりますね。

LUUP電動キックボードには駐車違反の罰則がある

LUUPの電動キックボードは小型特殊自動車に分類されるもので駐輪が認められている場所以外で運転者が現場にいない場合は放置駐車違反になります。

駐停車違反(駐車禁止場所)            

1点 6千円

駐停車違反(駐停車禁止場所) 

2点 7千円

放置駐車違反(時間制限駐車区間での時間超過)

1点 6千円

放置駐車違反(駐車禁止場所)     

 2点 9千円

放置駐車違反(駐停車禁止場所) 

3点 1万円

この辺は規制緩和の流れで特定業者のみといっても”しっかりしているな”といった感じ。

都市部で原付、原付2種が減った理由に絡んでくる部分でもあり規制緩和されたとしても駐車違反の罰則はなくならない、それは免許証を有するものでないと電動キックボードをのることが出来ない、ノーヘルで乗れるとはいっても自転車感覚では乗れない未来が見えていますね。

ただし電動キックボードは折りたたんでコンパクトに持ち運べるのが大きな魅力なので将来的に駐車違反の問題はなくなりそうに思えます(折りたたんで電柱に立てかけた場合はどうなるのだろう?)

LUUPの料金と利用可能エリア
  • 利用可能エリア:LUUPが既に展開している渋谷区、新宿区、品川区、世田谷区、港区、目黒区の全域
  • 利用料金:110円/初乗り10分、16.5円/分(税込)※実証実験特別価格
  • ポート数:LUUPの都内約300箇所にあるポートのうち、約200ポートで電動キックボードの乗り降りが可能 ※ポート数は順次増やしていく予定
  • 電動キックボードの台数:100台から開始、順次台数を増やしていく予定
  • 電動キックボードの最高速度:15km/hに制限

LUUP電動キックボードシェアアプリのダウンロードは無料です。

ダウンロード後に免許証のアップロードとクレジットカード情報を入力しなくてもアプリ自体は使えるようになっています。

LUUP電動キックボードの確認テストだけ受けてみたい(合格するまで何度も可能)方もまずはアプリをダウンロードして試してみましょう。

話題のシェアリングサービス【LUUP】
この記事を書いたひと
市具 成夫

原付二種ライダーの市具 成夫(シグ夫)です。
貧乏なのでバイクショップにメンテナンスやカスタムの依頼をする事はほとんどありません。
貧乏人ならではのカスタム術やメンテナンスから次世代電動モビリティなどの情報を発信しています。

市具 成夫をフォローする
EV scooter
スポンサーリンク
シェアする
Custom Repair Modified "Scooter Moped Motorcycle" by yourself

コメント