BW'S125

スポンサーリンク
Exterior

スリップサインが出たタイヤは早めに交換

ついつい忘れがちなタイヤのスリップサイン確認、放置したまま走ると乗り心地に影響を与えるし危険です。 とくにバンクさせた時や路肩とアスファルトのわずかな隙間で車体が揺らぐような状態までなってしまったタイヤはスリップサイン自体が消えてしま...
Exterior

限界まで使用したBW’S125のブレーキパッド交換手順

原付2種乗りなら分かる事ですが、BW'S125(初期型)は町で見かける事が少ないマイナー車種です。 今回はマイナー車両であるBW'S125のブレーキパッドを交換しましたのでよかったら参考にどうぞ。 またブレーキパッドの交換手順は...
CVT driving system

初心者向けBW’S125cc駆動系の交換方法【中央8mmボルト】

駆動系部品の交換時期は走行距離や走り方で大きく変わります。 駆動系カスタムをする人は駆動系部品の交換を頻繁に行うので作業時間も30分以内で終わる人が殆どだと思います。その30分の作業時間も部品交換自体はすぐに終わるので部品の清掃に時間...
Engine

【スクーター】オイルドレンボルトへの油温計センサー扱い方

最近の原付スクーターの計測器にはインジェクションランプやタコメーターが標準装備されているものが多く、普通に使用する分には十分な機能が備わっています。 それ以外の計測器といえば油圧、油温、水温、電圧、エアフロなどがあり、これらの計測器は...
Engine

シグナスX、BW’Sのオイル交換、茶こしフィルターボルトは慎重に!

シグナスX、BW'Sのエンジンオイル交換はドレンボルトからエンジンオイルを抜くという事にななっているももののオイルフィルター部からエンジンオイルを抜く人が多いと思います。 オイルフィルター部からエンジンオイルを抜く理由は簡単でこちらの...
Intake system

BW’s125スロットルボディ外しで注意すべきポイント

BW's125FI(SE4510)のスロットルボディを外す際には、注意すべきポイントがあります。 ガソリンタンクからのホース取り外しでも注意ポイントがあり、スロットルボディ取り外しでも同様にコネクターになります。 ガソリ...
Intake system

インジェクションバイクだけど普通の燃料ホースを使う

BW'S125は燃料タンクが車体上部、スロットルボディの真上にあるので毎回取り外して作業しなければなりません。 何度も取り外ししてるうちに燃料タンクとホースの接続口に亀裂が入り、ガソリンが漏れ出しました。 おそらく似たような人も...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました